FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹生町 丹生神社 祈年祭

こんにちは
隊員のkuroです!
だんだんと暖かくなってきましたね。
そして、バタバタ動き回っておりましたらあっという間に1週間経過・・・・・・・。
丹生町にお住まい方申し訳ありません。発信が遅くなりました・・・・。

先週の17日に丹生町にある丹生神社で祈年祭が行われました。
丹生町は明治十九年に全村が改宗して、多くの寺を廃しましたが、「三日地蔵」として、地蔵尊が三日ごとに各戸持ち送りで順にまつられる風習が残っています。全村改宗は吉野郡十津川村ともに全国でも珍しい地域です。
柳生地区には7町ありますが、それぞれ違った文化や風習があります。

では、丹生町の祈年祭を報告いたします。

祭りの開始は、村内に響き渡るような大きな太鼓の音からスタートです!
DSCF1746_convert_20150224204331.jpg

全員で、神社の手水で手を清めます。
手を清めるにも、神社によって違いますね。
DSCF1751_convert_20150224204428.jpg

そして、宮司一拝
DSCF1754_convert_20150224204038.jpg

お供え物を御神前にお供えをします
DSCF1759_convert_20150224204136.jpg

そして、祈年祭の祝詞奏上を行います
DSCF1762_convert_20150224204156.jpg

玉串を奉納します
DSCF1765_convert_20150224204208.jpg

またまた違う神事をみることができました。
また、カラフルな装束がすごく印象的でした。



皆さんに奈良東部地域の良さを広く知っていただくためにランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ


スポンサーサイト

大保町 八坂神社御田祭

こんにちは隊員のkuroです。

2月15日(日)は大保町 八坂神社で御田祭が行われました。

まずは、各戸に配る『松、榊、稲を束ねたもの(用語がわからずすいません)』を作るところから
はじまります。
DSCF1668_convert_20150216152008.jpg

そして、神事の始まりです。

まずは、手を清めます
DSCF1700_convert_20150216152140.jpg

神事の無事を祈りますお祓いをします。
DSCF1685_convert_20150216152029.jpg

そして、お供え物を運びます。
お供え物に息を吹きかけないように榊を咥えて運んでいらっしゃいました。
DSCF1690_convert_20150216152055.jpg

そして、宮司一拝、神殿の扉をあけます。

その後に祝詞奏上
一年の五穀豊穣などを祈願します
DSCF1692_convert_20150216152119.jpg

そして、玉串の奉納です
DSCF1706_convert_20150216152209.jpg


大保の「八坂神社」は
先日取材した「柳生八坂神社」の元社ですが、
神事の内容は、村々により異なってくるんだなぁというのが感想です。



皆さんに奈良東部地域の良さを広く知っていただくためにランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

柳生八坂神社の祈年祭(御田植祭)

こんにちは隊員のkuroです。

毎日寒い日が続きますね。朝起きると部屋の温度は5度を切ってました・・・・。

昨日、2月11日(水)は建国記念の日でした。
柳生八坂神社では、祈年祭(御田植祭)がありましたので行ってきました。

祈年祭とは?
祈年祭は、毎年2月に行われ、一年の五穀豊穣などを祈る神道の祭祀である。11月の新嘗祭と対になるとされるが、皇室祭祀令では祈年祭は小祭、新嘗祭は大祭とされていた。(by Wikipedia)

神社の手水は凍っています・・・・・
ちょこんといるカエルくんが寂しくこちらを見つめています。
蜀咏悄+2015-02-11+10+38+50_convert_20150212102910

そして神事へ

まずは手を清めます。
DSCF1626_convert_20150212095921.jpg

参加者全員で鳥居横に祭っている大麻に一礼をします
DSCF1628_convert_20150212095948.jpg

本殿に移動し、宮司が神殿・相殿・末社の扉をあけます。そして祝詞奏上
一年の五穀豊穣などを祈願します
DSCF1639_convert_20150212100255.jpg

そして、玉串の奉納
DSCF1658_convert_20150212100004.jpg

その後、宮司が神殿・相殿・末社の扉を閉め神事が終了となりました。
静けさの中、粛々と神事が執り行われました。

祭られていた松の枝は、各家庭に配られ、
畑に挿すようです。
DSCF1661_convert_20150212100018.jpg

柳生地区のその他の神社も日時は異なりすが、同様の神事が行われるようです。
時間がある限り、行ってみようと思います。


皆さんに奈良東部地域の良さを広く知っていただくためにランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

盆踊りは好きですか?

PIC_1275_convert_20150209123521.jpg
PIC_1276_convert_20150209123554.jpg

はいサエキです。
錫杖とほら貝。
錫杖とほら貝です。

これをみてピンッと来た方は奈良市東部へぜひ。

先週の木曜日に
某練習の見学に行ってきたのです。
練習風景の写真はここでは紹介いたしませんのであしからず。
3月には、そろいの衣装で奉納する神事が行われますので、
その際にアップしますね。

わたしは大阪の八尾市で生まれ育ちまして、
河内(かわち)もう少しいうと中河内(なかがわち)
で河内音頭とともに大きくなりました。
思い返してみると
思春期のころなど踊った記憶はないんですが、
つい6,7年前から、空前の盆踊りブームが到来しまして、
大阪の盆踊り仲間とともに、
学校のグラウンド、
芝生の上、
神社、
西成の三角公園
六本木のヒルズ
味園の屋上にキャバレー
砂浜
とまあ
踊れる場所ならどこへでも
裸足で踊りまくってました。

盆踊りの魅力はですよ。
踊りも演奏も雰囲気も全部そうなんですが、
お子ちゃまからご年配の方まで
皆で楽しめるんですよ。
4世代が楽しめるイベントで
盆踊り以上の行事は
ないんちゃいますか。

わたし盆踊り好きなんですー







長谷を攻める!

はいサエキです。
タイトルの長谷ってどこやねん!と
突込みが入りそうですが、
そうです。
私、サエキが現在居住している自治会が長谷です
長谷(ナガタニ)町といいます。
田原地域にある19の自治会の一つですね。
今回は長谷町にある
日吉神社 ~ 塔の森 ~ 国見山山頂
というコースを回ってきました。
ではどうぞ

PIC_1179_convert_20150202104633.jpg

雪もちらついていましたが、
路面状況はそれほど深刻ではないと判断しまして
自家用車で日吉神社まで行きます。
2駆でも十分行けます。

PIC_1182_convert_20150202104713.jpg

日吉神社です。
田原のくらしによると、
20年ごとに造営に際して用いる絵の具の溶かし水の井戸があります。
大きな壺に水を入れ20年間浄水として埋蔵する神秘的なもので使用終了と同時に
また水をいれ次の造営に備えておくものです。とあり
僕の息子が産まれた際に漬けた梅酒も二十歳になったら渡すので
フムフムと分かったような顔で参拝させていただきました。

PIC_1178_convert_20150202104334.jpg

で、塔の森へ。
車でも行けますが、
ちょっとこちらは2駆では困難かと思い、日吉神社に駐車していざ。

PIC_1187_convert_20150202104835.jpg

進みます。

PIC_1195_convert_20150202104924.jpg

徒歩で10分かかりません
鳥居が見えました。
100段上りきると、出ました!

PIC_1203_convert_20150202105115.jpg

塔の森(標高666m)若草山342m、生駒山642m
これらよりも高い場所にあるんです!

PIC_1176_convert_20150202105917.jpg

PIC_1208_convert_20150202105151.jpg

いまでは6重塔ですが元は1体で十三重塔あったようです。
損傷を受けて落ちた石がコレですね。
十三重塔も積み上がった時は歓声上がったでしょうね。

PIC_1202_convert_20150202105021.jpg

カチコチですね。
国見山へGO

PIC_1210_convert_20150202105232.jpg

徒歩で25分ですね。
GOGOGOー

PIC_1214_convert_20150202105316.jpg

すすみーの

PIC_1230_convert_20150202105741.jpg

すすみーの

PIC_1227_convert_20150202105647.jpg

すすみーの


PIC_1226_convert_20150202105616.jpg

すすみーの


PIC_1223_convert_20150202105546.jpg

すすみーの


PIC_1220_convert_20150202105427.jpg

ご覧のとおり、なかなか趣のある山道になってますが、
山道の下草は刈っていただいてますので、
道に迷うことはございません。
数日前のイノシシの件もあり、
若干びくつきながら20分後

PIC_1232_convert_20150202105818.jpg

到着。
山頂からの眺めは雪の影響であまり見渡すことができませんでした。
残念。
この国見山への登山ルートは
今回通った長谷側のルートと
矢田原ルートがございます。
矢田原ルートは私が赴任する前に
4名で登っていますよーあをによしブログ国見山へ

矢田原から登って、長谷へ抜けることも
また長谷から上って矢田原に抜けることも
もちろんできるんです。
高低差も距離も上級者レベルの山ではございませんので
案外気楽に登れ、休養の養をしっかり取れる山登り。
今年は国見山からのぼってみませんか?

丹生町 農家民宿「十六夜山荘」のご案内

こんにちは。隊員のkuroです。

本日は、奈良市丹生町で新たにスタートしました農家民宿「十六夜山荘」さんを紹介いたします。

こちらは、2015年1月に農家民宿の許可を取得した宿で、
奈良市では都祁の宿に次ぐ、2番目の農家民宿です。

四季を通しての農業体験や宿主がこれまで続けてこられたお茶事など、
茶の湯を通して、日本の伝統文化を伝えていこうとされていらっしゃいます。

事始めとして、2月7日(土)に早春のお茶事を開催されます。
2015年のお茶事のテーマは「心田(しんでん)」。「心を耕す人生とは」を学びます。
江見 宗裕(えみ そうゆう)先生の講話を交えたお茶事に是非参加してみませんか。

第1回 2月7日(土)
第2回 5月16日(土)
第3回 9月26日(土)
第4回 11月14日(土)
※親子参加の「お雛様のお茶事」 3月21日(土)

◇プランのご案内
A:早春の心田茶事:4,000円
B:早春の心田茶事&ラズッカディナー(大和高原の冬野菜&熊野牛コース):9,000円
C:早春の心田茶事&十六夜宿泊プラン(茶事&ラズッカディナー&朝食&農業体験):15,000円
 ※農業体験は原木しいたけの植菌

お申し込みは 十六夜山荘 福岡美代子 0742-94-0048
〒630-1235 奈良市丹生町1402

15020201_convert_20150202112633.jpg

IMG_3500_convert_20150202112936.jpg

DSCF1383_convert_20150202112950.jpg

S__1409049_convert_20150202112948.jpg

いろりでアテを焼きながら、お酒を飲む。最高の時間です。




皆さんに奈良東部地域の良さを広く知っていただくためにランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。