FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市×農村交流

こんにちは、せとやまです。
もう5月も半ばですねー時の経つのは本当に早いものです。

さて、昨日5月11日にこんなことが行われました
題して「都市×農村交流ツアー in田原」
勝手に今タイトルを考えてみましたが、協力隊も関わらせていただいている田原地区の直売所「田原やま里市場」。
昨年秋から奈良市西部地域の鶴舞団地に出張販売に行っています。

その時に採れる田原地区の味をより多くの人に味わってもらい、田原のことを知ってもらいたいというやま里市場と、高齢化が進み買い物難民や外出困難という問題を抱えつつある鶴舞団地。
その双方の問題を解決しようという試みです。
そんなわけで、双方の調整を図ってくださっている奈良市社会福祉協議会のGさんと一緒に企画をし、出張販売の協働運営先である鶴舞団地見守りネットワーク会さんに田原に実際に来てもらいました。
いつもはやま里市場から出張に行っていたので、こうやって来てもらうのは初めてですね。

まずは営業しているやま里市場を見学。
733_convert_20160512085427.jpg

いつもお世話になってますー、と生産者さんとも話がはずみます。
そして移動。あいにくのお天気で景色もあんまり見えませんが、「これもいいよね」という声も。
矢田原町のKさんのりんご園の敷地まで移動し、お茶の木から新芽を摘み取ります。
これを天ぷらにして食べてみるのです!私もはじめて。

736_convert_20160512085505.jpg

実はすごい雨です。

744_convert_20160512085537.jpg

摘み取った新芽は柔らかくて、みずみずしいです。コロモをつけて、さっと揚げます。
揚げてくださったKさん、「この間家でやったときと新芽の具合が違う」とのこと。そのときの成長具合によって揚がり方も変わってくるのだそうです。ほー。

745_convert_20160512085609.jpg

りんご園のお話を聞いて、天ぷらを試食。やわらかい葉っぱ、とってもおいしかったです!
そして移動。
今度は「田原ブルーベリー園」。まだブルーベリーはなっていませんが、お花は咲いています。
ファンも多いブルーベリージャムはここのブルーベリーで作られていますよ。
746_convert_20160512085648.jpg

今度は日笠町のFさんのところへ。
このころには雨も止みました。Fさんはお茶の農家さんです。お父さんとお嫁さんが出迎えてくださいました。
752_convert_20160512085809.jpg

ささっとお茶を淹れてくださり、お茶のお話。
みなさん「おいしいね」と言っています。よかった!なんとお茶のお土産まで頂いてしまいました。
755_convert_20160512085837.jpg

こんなに(まだまだありますが)広いお茶の畑。寒冷紗をかける作業の最盛期です。これからが忙しい時期なんです。

美味しいお茶を頂いた後は杣の川の「ハーブクラブ」さんでランチを頂きました。
今回、移動の手段のバスを手配してくださったのはハーブクラブさんの運営をしている社会福祉法人 あおはに会様。
暖かな雰囲気の店内で美味しい月替わりのランチをいただきました。写真は撮り忘れました…。フェイスブックでメニューは見れますよ、こちらです!

そして頂いた後、みなさんは帰途につかれました。
お疲れ様でした~。

今回、改めて感じたことがあります。
田原のおもてなし精神ってやっぱりすごい!
あらかじめお伺いする予定の方にお願いをするときに、「じゃあせっかくやし、新茶の天ぷらをしよう」「せっかくやし、お茶淹れるんで飲んでもらってください!」「せっかくやし、コーヒー飲んでもらってください」

…みなさん、どれだけサービス精神旺盛なんですか!
感謝してもしきれません。
多くの方のご協力ですべての行程を無事に終えることができました!本当にありがとうございました。

そして、これで鶴舞団地見守りネットワーク会さんにとってもより田原を身近に感じていただけたのではないでしょうか。
少しずつですが、双方にとってよい方向に成長していければいいなと思います。
スポンサーサイト

東里エゴマの郷プロジェクト

こんにちは、周子です(๑•̀ㅂ•́)و✧

雨が続いておりますが、連休が明けてみなさまいかがお過ごしですか。
五月病でちょっと気持ちも体もダルオモ~な方も多いかもしれません。
私はと言いますと、普段から新鮮な「エゴマ油」を摂取しているからでしょうか
すごーく元気です!!

ちなみにこの春、わが子がくしゃみが増えだした頃
積極的にエゴマ油を摂取させましたところ、なんとアレヨアレヨと効いていきました。

そんな「エゴマ」に関するお話を、本日はさせていただきます。

8.jpg


2015年春、東里地区の数名の同級生を中心に
活動を開始しておりましたプロジェクト、その名を

じゃじゃん!!!! 「東里エゴマの里プロジェクト」 と言います。

現在は大柳生・東里・狭川地区の子ども達が通う興東小学校ですが
その前身である相和小学校の第一期生卒業生の仲の良いみなさんが
メンバーの中心であるHさんが育てていたエゴマの効能に着目し

「まずは地域の高齢者から元気に!」を合言葉に
遊休農地を活用し、エゴマの栽培を行い

9.jpg

10.jpg
広くエゴマの効能や栽培方法の説明・摂取の推進を呼びかけたり

地域のイベント「ふれあい広場2015」においてエゴマオイルの販売を行い

5.jpg

6.jpg

7.jpg

普及活動を行ってきました。

わたしは、昨年からその活動を追い
一緒に作業をしたり、活動に参加したりして
おじちゃんおばちゃん達のがんばる姿を側で見て参りました。
2.jpg


そして今後、東里地区に活動をとどめることなく
奈良市東部地域全体への取組へと広げていきたいと考え
「東里エゴマの里プロジェクト」を「奈良市東部エゴマの郷」として
現在、特定非営利活動法人としての認証申請を行っております。

さらに、先にも述べました通りエゴマの種から採油した「エゴマ油」には
万能薬と言っていいほどの数えきれない効能があり
オメガ3脂肪酸と呼ばれるαリノレン酸が多く含まれることが
注目されています。
〇動脈硬化予防
〇認知症予防
〇精神安定
〇記憶学習能力向上
〇抗アレルギー・抗炎症
〇ダイエット
などなど。。。。
4.jpg

この種にはすばらしい力が秘められております。

その油を搾るための加工所(搾油所)を設置するべく
現在のところ色々と動いておりまして、またこちらで報告いたします。



そうなれば、奈良市東部ではいつでも新鮮なエゴマ油を
手に入れられることになり
「奈良エゴマ」は奈良市東部地域の特産品となるでしょう。

何より香りのよい「エゴマ」は、収穫などの作業をしているだけで
圃場にはなんとも言えないアロマの香りが漂い
作業してるものをそれだけで元気にしてくれるのは驚きです。

今後、作業を手伝ってくださる方を募集したいと思っています。

3.jpg

1.jpg

香が強いため、獣害対策にも良いとされており
今後徐々に奈良市東部でもエゴマを栽培してくれる方が増えれば
嬉しいです。

少し昔の時代には
自分たちが使う油用の植物を育てて絞り使っていた
そんな原点回帰的な素敵な暮らしが
奈良市東部では営んでいける。
そんな山暮らしにわたしはいつもわくわくさせられています。

ボランティア精神で、自分の重機や労力を提供し
あさから晩まで耕作放棄地を再生したり
エゴマの種を植えたり、苗を植えたり、収穫したりしています。
おじちゃんおばちゃんの第二の青春ムービーの様な
がんばりを
今後も追いかけていきたいと思っております。

ありがとうございました。(๑˃̵ᴗ˂̵)و


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。