FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

す・とうぶ 夏号、完成しました。

こんにちは、瀬戸山です。
梅雨ですね!よく雨が降って、緑が一段と濃い奈良市東部です。

前回、3月に発行した奈良市東部地域のフリーペーパー「す・とうぶ」の最新号が出来上がりました。
その時の記事はこちらです。

今回の特集は「ほがしわ弁当」。
朴葉にご飯と具を包み込んだ「けんずい」、軽食のことです。農作業の合間に食べたり、子どもたちが学校から帰ってきた時のおやつだったりしたそうです。
中部地方出身の私にとっては朴葉=朴葉味噌。
茶色い葉っぱに味噌をのせて炙って食べる、あれですね。

協力隊になって、初めて朴葉がそれ以外にも使われることがあるんだ…!と知り、驚きました。
朴葉が手のひらみたいに広がって葉をつけていることとか、あんなに大きい木になることとか、今まで知りませんでした。
何より、ほがしわ弁当(呼び名は東部地域の中でもいろいろあります。かしわ飯とか、かしわ弁当とか)の香りが素晴らしいんです。
本文にも書きましたが「里山の新緑の香りをぎゅっと閉じ込めたかのよう」です。
この香りを楽しむために「ご飯は絶対に炊きたてでないとあかんのや!」と力説してくださった地域のお父さん。心に深く刻み込まれました。


今回の表紙はこんな感じです。

IMG_0402_convert_20160624151010.jpg

P5252286_convert_20160624151656.jpg

表紙にちょっとだけ写っている山菜の天ぷらラインナップは「お茶の新芽、ユキノシタ、よもぎ、タラの芽」でした。
表紙撮影のために無理をしてお願いをした天ぷら。快く引き受けてくださいました。

P5252278_convert_20160624151528.jpg

作り方も手順を追って。

P5202206_convert_20160624151337.jpg

写真を撮るのに、多くの地域の方々にお願いをし、皆様本当に快諾してくださいました。
どんなに救われたことでしょうか。

P5202196_convert_20160624152015.jpg

何度もお話を聞きにお伺いしても、嫌な顔一つせずにお迎えしてくださった地域の皆様。
レイアウト、構成のアドバイスを懲りずにしてくださった職員さん、協力隊のメンバー。
置いてくださっている施設やお店の方々。
そして読んでくださる方々。

本当にありがとうございました。

お手に取っていただけると幸いです。
主に奈良市内の市施設、お店などに置かせていただいています。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。